カップルとガンジダに感染したイメージ

カンジダの症状ってかゆいの?

誰もが持っている常在菌・カンジダ。
普段は問題ないのですが、疲れやストレスにより抵抗力が落ちるとカンジダ症を発症する可能性は誰もが持っているのです。
実際、5人に1人はカンジダを経験したことがあると言います。
膣や口内・消化管・皮膚などカンジダ菌があるところならどこでも発症します。
膣内がかゆいイメージその症状としては強烈なかゆみが発生します。
命に関わる病気ではないとはいえ、もしも膣や陰部の強烈なかゆみだと掻くことさえままならず、日常生活に大きく影響を及ぼすことでしょう。
また、白色でカッテージチーズやヨーグルトのようなオリモノに変化することもあります。
膣がかゆみだけでなく痛みを発生させることもあります。
膣の外部の皮膚に発疹ができたり灼熱感を感じたりすることも。
排尿痛があっておしっこをすることさえままならなかったり、痛みやかゆみで眠れないといったこともあり大変です。
オリモノは見た目が変化するだけでなく臭うこともあります。
その特徴としては生臭く魚のような臭い。
臭うことを気にして他の人に近づくことさえできなくなったり、どんどんさまざまな被害が出てくるのです。

熱感があるときなど膣が炎症を起こして眠れない・排尿痛がつらいという場合には保冷剤で冷やしてやってください。
少しは痛みもかゆみもおさまります。
とはいえ、保冷剤はあくまで一次しのぎです。
病院での治療をおすすめします。
座薬や軟膏・内服薬などを使って治療することになるはずです。
カンジダは性病の一つです。
発症しているときには性交渉は避けた方が無難です。
うつる確率は比較的低い病気ではあるものの、膣が炎症を起こして敏感になっているときに行うと傷つきやすくなります。
常に体に存在する菌ですからたとえ完治したと思っても菌は死滅しておらず、抵抗力が弱ったらまた再発します。
日頃から生活習慣を正して予防に努めましょう。
通気性の良い下着を着る・生理ナプキンはこまめに交換するなどのケアも重要です。

カンジダの症状はトリコモナスに似ている

カンジダが持つさまざまな症状、実はトリコモナス膣炎という病気と似た点が多く、間違われやすいです。
トリコモナス膣炎の原因はトリコモナス原虫という微生物。
これが膣内に入り込むことで引き起こされるのです。
こちらも女性に感染者の多い性病の一つです。

こちらもオリモノに変化があるのです。
とは言ってもカッテージチーズ状になるわけではないのですが、悪臭が出たり、量が増えたり、黄色や黄緑色に泡立つなど何らかの変化が出たら検査してもらいましょう。
ウイルスよりも大きな微生物であるトリコモナスは尿や膣液を採取して調べれば顕微鏡で確認することができます。
トリコモナスの臭いも魚が腐ったような生臭い臭いです。

ちなみに、クラミジアを発症した場合には透明で膿を含んだようなオリモノになります。
疫病だと黄色っぽい膿を含んだオリモノです。
女性にとってオリモノというのはさまざまな病気のサインともなるのです。
日頃から見た目や量・臭いなど観察しておくとよいでしょう。

性器に発疹まではでないものの色が少し赤っぽくなったりかゆみや排尿時の痛み・セックスの際の痛みを感じる場合もあります。
やはりカンジダ同様に日常生活も脅かす危険な病気の一つなのです。

女性患者が多いといわれるこの病気ですが、男性が発症することもあります。
男性の場合は尿道に感染し、尿道炎などの症状を起こすのです。
更に奥に入り込み精巣上体炎・前立腺炎まで発展する危険性だってあります。
尿道から分泌液が出てきたり、かゆみや痛み・違和感を感じたら検査をうけてください。

ただ、トリコモナスになっても女性の半分以上、男性なら90パーセント以上が何も症状が出ないという場合が多いのです。
もしかしたらあなたも感染していて誰かに移しているかもしれません。