カップルとガンジダに感染したイメージ

カンジダの治療薬の種類について

カンジダ症は男性女性いずれも感染する可能性がありますが、男性は性器が外部に露出しているため通気性が高く感染が生じづらいため、感染者数は圧倒的に女性に多いとされています。
カンジダはカビの種類に属する真菌が原因のため、治療薬には主に抗真菌薬が使用されることになります。
抗真菌薬には内服薬と外用薬がありますが、膣に錠剤を留置するタイプの膣錠も治療に使用されることがあります。
カンジダ治療に使用される薬の種類や効果、治療期間の特徴について把握してみましょう。

フェミニーナ軟膏は陰部のかゆみを抗ヒスタミン成分の働きでおさめ、殺菌成分イソプロピルメチルフェノールがカンジダの増殖を抑制します。
フェミニーナ軟膏はカンジダに限らず湿疹やあせも、無視刺されなど広汎なかゆみ症状を沈静化し、使い勝手の良さが特徴です。

フルコナゾールは、カンジダ症に対して使用される飲み薬で、カンジダの細胞膜の合成を阻害することで殺菌作用を発揮します。
つまりカンジダの細胞膜にはエルゴステロールと言う成分が必須ですが、フルコナゾールのその生成を阻害します。
その結果、カンジダの細胞膜の生成に障害をきたし増殖も抑制されます。
フルコナゾールは服用後の体内への移行吸収に優れており、高濃度で殺菌成分を病巣に作用させるのが特徴です。

エンペシドは再発性のカンジダに使用される治療薬です。
殺菌成分クロトリマゾールが高い抗菌作用を発揮します。
エンペシドは膣錠のタイプの薬のため患部に直接有効成分を届けることが出来ます。
エンペシド膣錠は体内の水分を吸収しながら速やかに発泡し、有効成分が膣内に行き渡るのが特徴です。

ミコナゾールは抗真菌薬としてカンジダをはじめ白癬菌にも高い殺菌作用を持ちます。
ミコナゾールも真菌の細胞膜の合成を阻害し、殺菌作用を発揮します。
真菌消失力が高いうえに、耐性を獲得する傾向も小さいため、外用薬だけでなく内服薬、注射薬等幅広い方法で真菌症治療に使用されますが、カンジダでは外用薬として使用されます。

女性は膣を洗浄してから治療薬を使う

カンジダ症の抗真菌薬は膣錠や軟膏などの外用薬で使用される場面が多くなるので、患部の状態に応じた適切な方法での使用が重要になります。
カンジダは湿潤し栄養分が豊富な環境で強い繁殖力を獲得するため、陰部も薬が効果を発揮し易いように事前に洗浄を行っておくことが効果的です。

膣洗浄は医療機関ではクスコを使用して行われますが、実際に家庭においてそこまで厳密な洗浄を行うことは困難です。
そこでお風呂で陰部を優しく洗い、乾いたタオルでよく拭いておいてから、軟膏や膣錠を塗布や留置するのが、家庭でも可能な事前に膣を清潔にしてから抗真菌薬を使用する方法です。

それではカンジダの治療期間はどの程度必要でしょうか。
一般的には抗真菌薬を使用を開始して1週間を目安に治療効果を判定します。
1週間の期間で症状の改善が見られ沈静化する傾向が顕著に見られれば、治療は終了と判断されます。
逆に症状の悪化や改善が見られないようであれば、他の抗真菌薬の使用を検討するべきでしょう。

カンジダ治療薬には、抗真菌成分に特化したものや、再発性の症状に特化したもの、消炎作用と殺菌成分を同時に配合したものなど、それぞれ特徴があります。
自分の症状やこれまでの経過をもとに、どの薬を使用するのかを判断することになります。

カンジダは常在菌の一種のため、女性の5人に1人は生涯に一度はかかる感染症とも言われています。
治療のためには内服薬や外用薬、膣錠などが用いられますが、患部への有効成分の効率的な浸透を目指す観点から、外用薬や膣錠が主な治療法になります。
この場合に大切なのは出来る限り、陰部を生活にしてから薬を使用することです。
適切な抗真菌薬を正しい方法で使用すれば、治療期間も1週間程度で済みます。